MENU

附下について

なかなか着る機会のない着物や、維持、管理が大変なものの、捨てるには惜しいといった着物がある場合、
箪笥の肥やしにするだけではなく、着物買取りに出すという選択肢があります。
ひとくちに着物と言っても、その種類や、素材は色々ですが、
少しおしゃれをして個人的な外出をしたい時から、子供の学校行事の時などにも着られる、正絹の附下が1枚あると、
とても便利だと思います。
附下というのは、訪問着が、縫い目に関係なく、全体が1枚の絵のように柄が出ているのに対して、
附下は、訪問着のような連続した柄の出方ではなく、訪問着よりも、ややあっさりとした柄であるという特徴があります。
ゆえに、着用のバリエーションも多く、人気の着物とも言えますが、買い取りに出す場合のお値段の相場としては、
やはり、その後、購入された方が、お手入れ等をしなくても、気持ち良く、すぐに着られる状態である。
というのは、高値で売れる1番の条件となる事でしょう。
シミや黄ばみがあったり、匂いがついていたり、
さらには、とても古い着物であったり、現代人の標準サイズよりも、かなり小さい物や、縫い代が少ない。
などの場合には、大きめであるよりも、さらに条件が悪くなるとも言えます。
それ以外では、着物の場合、洗い張りと言って、数回着用した後に、全部、ほどいて洗い、再度縫い直すといったお手入れもあるのですが、
そういった、着用感のある着物は、リサイクル品としても、価値が下がってしまう条件となり、
あまりにも、条件の悪いものですと、買い取り不可となってしまう場合もありますので、

着物買取りを考えているならば、無意味に、長期保管するよりも、少しでも新しく、きれいな物のほうが、
買い取り価格が良くなる可能性が高くなると言えそうです。
一般的には、前述のような、よい状態での買取り価格としては、附下の買い取り相場は6千円前後になるようですが、
もちろん、買い取り業者によっても、得意な着物と、そうでない着物があると思いますので、
ご自分の附下を少しでも高額で売りたいと思うなら、1件の業者だけでなく、いくつかの業者から見積もりを依頼してみるという事も、ぜひお試し下さい。