着物の価格 素材

MENU

着物の価格と素材の関係

着なくなった着物を処分したいときには、着物買取の専門店へ持ち込んでいます。
しっかりとした専門的な知識を持ったプロの鑑定士がひとつひとつ丁寧に査定をしてくれるので、安心して査定をしてもらうことができます。
着物にはいろいろな種類のものがありますし、使われている素材も豊富なので、専門的な知識を持っている人でなければしっかりと査定をすることが難しいといいます。どんな素材で生地を織られているのか、ということで、買取価格もまったく違います。なので、持ち込む前にどんな生地なら高額査定を期待することができるのかを知っておくといいです。
まず、着物買取の専門店で買い取ってもらうことができる生地は正絹のみと考えることができます。正絹とは、絹100パーセントで織られた生地のことで、素材は絹です。着物の生地で使われる素材には、ほかにも、ポリエステルや化学繊維のものなどもあります。
正絹以外の素材の生地で作られた着物は買取をしてもらえない可能性もあるので、まずは生地がどんなものなのかを確認することが大切です。
生地がどんなものなのかを確認するときには、証紙を見てみるといいです。着物を購入したときなどに付属しているもので、その着物がどんなものなのか、誰が作者でどんな産地の生地を使って作られているのか、などを知ることができます。この証紙を持っているだけで、その着物の買取価格が違ってきます。
着物買取の専門店に持ち込むときには、正絹の生地のものを、ポリエステルや化学繊維の生地などはもし買い取ってもらうことができたとしても小額で、リサイクル生地などに使われるくらいになってしまうことが多いといいます。なので、着物は正絹のもので、ほかにも帯や和装小物なども一緒にセットのように持ち込むと少し買取価格がアップする可能性もあるといいます。
しっかりと着物の状態を確認して、それをきれいにしてから持ち込むようにすると高額査定を期待することができる場合もあります。また、その着物が有名な作家のものであったり、老舗呉服店のものや有名ブランドのものの場合は10年以上経っているものでも高額査定になる場合もあるといいます。