MENU

黒留袖について

着物を処分するときには、着物買取の専門店を利用しています。
着物買取の専門店にはプロの鑑定士がいるので、安心してもちこんだものを査定してもらうことができます。プロの鑑定士の方は、着物の専門知識をしっかりと持っているので、持ち込まれた着物などをきちんとひとつひとつ査定をしてくれます。
振袖や留袖、訪問着などはよく知られていますが、小紋、紬などについてはよく知らないという人も多いです。なので、鑑定士がいることで、きちんと持ち込まれた品物の状態を確認して金額を決めることができます。リサイクルショップなどでも着物を買い取ってくれることがありますが、専門知識がないスタッフの方が多いので、二束三文の安い価格で買い取られてしまう可能性があります。なので、着なくなった着物などは着物買取の専門店に持ち込むようにしておくといいです。
留袖には黒留袖と色留袖の二種類のものがあります。黒留袖は地色が黒のもので、それ以外の地色のものが色留袖といわれています。色留袖は着用目的などによって、五つ紋、三つ紋、一つ紋、無紋のものがあります。黒留袖は、色留袖よりも人気があり、需要が多くて安いものも含めると数が多いといえます。着用回数が少ないもの、未使用の高級品などはどちらも2万5,000円から3万円くらいで買い取ってもらうことができる場合もあります。
相場は中古品だと、黒留袖が6,000円から12,000円ほどで、色留袖が8,000円から12,000円くらいだといいます。ただし、この相場はあくまでも目安になるものなので、実際の買取金額は実物の状態次第で大きく変わります。必ず無料の査定で見積もりを出してもらうようにして、自分が納得することができる買取価格の場合は買い取ってもらうようにしておくといいです。
着物買取の専門店は全国の都道府県にあり、遠方にお店があってもいろいろな方法で査定をしてもらうことが可能です。宅配買取や訪問買取など、店頭に持ち込む以外にも方法があります。