MENU

色留袖について

着なくなった着物や使っていない和装の小物類は、着物買取の専門店で買い取ってもらっています。
着物買取の専門店では、和装に関するものを査定をして買い取っています。プロの鑑定士がいるので、安心して査定をしてもらうことができます。
着物はリサイクルショップなどでも買い取ってもらうことができるところもありますが、専門的な知識を持ったスタッフがいない場合が多いので、ネットの相場などを参考にして買い取られてしまう可能性があります。なので、できるだけ着物買取の専門店へ持ち込んで査定をしてもらうようにしておくほうがいいです。
着物買取の専門店で買取可能な着物は、生地の状態がいいこと、未使用であること、着用回数が少ないこと、それから有名な作家のものや有名産地の生地を使って作られた着物などがあります。ほかにもいろいろなものが持ち込まれていますが、どんな状態のものでも一度は持ち込んでみると意外に査定金額が高いものなどを見つけることができる可能性もあります。
着物には、振袖、留袖、訪問着、小紋など、いろいろな種類のものがあるのですが、特に留袖は女性の正装のひとつなので需要が高いということで、着物買取の専門店では必ず買い取ってもらえる、という場合が多いです。
留袖には色留袖と黒留袖があり、必ず紋が入ります。黒留袖には染め抜き日向五ッ紋を入れています。黒留袖は既婚者のみの着用になりますが、色留袖は既婚者だけではなく未婚者でも着用することが可能です。また、色留袖は紋の数によって格が変わります。三ツ紋、一ツ紋なら披露宴に、祝賀会など祝儀用の第一礼装として着用することが可能です。
結婚式で一度着たきりで箪笥の中で眠っている留袖がある、という人も多く、着物買取の専門店では色留袖や黒留袖などを買い取ってほしいと持ち込む人は多いということです。
色留袖はいろいろな柄や色、生地のものがあるので、保管状態がよいものが高額査定を期待することもできるといいます。