古い着物 売れる

MENU

古い着物って売れるの?

着物買取のおよその目安としては、高級な着物で数千円から数万円といわれており、小紋などの普段着の着物の場合は数百円から数千円といわれています。着物の正確な値段を知らないリサイクルショップでは、ほとんど値段が付かないものでも、着物専門の買取店ではきちんとした値段で買い取りを行っていますので、着物の買取りを希望している場合は、必ず着物専門の買取店で査定してもらうことが大切です。そして、着物の買取りの相場は、着物の種類や作家物かによっても変わってきます。例えば、訪問着や振り袖は全て正絹で状態の良いものが高い値段がつき、さらに作家物となるとその作家の知名度や人気度によって値段が大幅に変わっています。一方、いくら状態が良くても生地がポリエステルといった化学繊維やウールの場合は値段がつきにくくなります。また、着物のなかでもアンティーク着物は、一般的な着物とは価値が違いますので、買取りに出す場合は基本的に高額での買取りが期待できるといわれています。このアンティーク着物とは、昭和初期以前に作られた着物で、その中でも状態の良いものを指しており、大正ロマン、昭和モダンなどと呼ばれる独特な柄が特徴的な着物です。通常は、古い着物は買取り金額が下がってしまいますが、状態が良いアンティーク着物は高値で買取りが行われることが多く、数十万から数百万円の値段が付く場合もあります。それは、アンティーク着物は、工芸品と同様に、その土地その土地で古くから伝わってきた伝統の技術が施されている逸品で、希少価値がありますので高い価値がつくといわれています。どのようなものでも希少価値があるものには高値が付きますが、着物の場合も同様で、アンティーク着物に関しては高額買取りが期待できるといわれています。このようにアンティーク着物は希少価値があり、着物買取り店にとって入手したい着物のひとつになりますので、着物買取とアンティーク着物には深いつながりがあるといえます。